補装具費支給制度

2. 身体障害者障害程度等級表

視覚障害
等級 内容
1級 両眼の視力(万国視力表で測ったものをいい、屈折異常のある者については、矯正視力について測ったものをいう。以下同じ。)の和が0.01以下のもの。
2級 1.両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの。
2.両眼の視野がそれぞれ10°以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの。
3級 1.両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
2.両眼の視野がそれぞれ10°以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの。
4級 1.両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの。
2.両眼の視野がそれぞれ10°以内のもの。
5級 1.両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの。
2.両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの。
6級 1.一眼の視力0.02以下他眼の視力が0.6以下のもので両眼の視力が0.2を超えるもの。
聴覚障害
等級 内容
2級 両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上のもの(両耳全ろう)
3級 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級 1.両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの
(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2.両耳による普通話声の最良の語音明領度が50%以下のもの)
6級 1.両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの
(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2.一側耳の聴力レベルが90デシベル以上他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの

「補装具費支給制度」への1件のフィードバック

コメントを残す